FC2ブログ

ジョニーの百姓日記

奈良で水稲の栽培に挑み、村の明日を担うべく奮闘する農家のブログ

難しい・・・

落等・・・。

整粒の不足・・・。

と言う厳しい現実が目の前にあります。

内緒の話として

供出では1等を貰ったりもしてますが、

全然喜べません。

1等米の比率は全国的にも9月末で7割弱。新潟では2割と言います。

産地たる京都・滋賀・三重の近隣県が例年6割程度という事を勘案すれば

奈良も、今年はもう一つ低いのが実態です。3~4割ぐらいか・・・

今年の1等米は希少であるという程なので、

人並みと言えば人並みの米は作れたのでしょうが

だから?

と言うお話なのでして・・・。

特に耕地面積に劣る奈良県産米に

小規模にもなり得ていない我が家に、量では勝ち目がないのです。

DSC_0837.jpg

今年も温い間の秋起しに厳冬期のくれかえし、をやるつもりです。

秋起しもあと3分の一。


ダメですね。

稲の声がまだ聞けていないのは自覚するところです。(汗)

キャブレターの調整じゃありませんが、何と言うのか丁度いい所っていうのが・・・ね。

ネジを締めれば、濃くなる。

逆にネジを緩めれば、薄くなる。

それは教科書を見れば書いてあります。

ネジを回すのは誰でもできます。猿でも出来る、多分。

でも、このエンジンを性能一杯で回すには薄いのか、濃過ぎるのか

そこがもう一つ分らないのです。

私の様な素人では取り敢えず回るのが関の山。

それと同じで、

奈良の気候で作るヒノヒカリには・・・

この田には・・・

今年の天気には・・・

どうするのが正解か? 

尽きない答えを抱え 正しさなんて ひとつになる日は無い・・・

気がして仕方がないのです。

篤農家の域への道は果てし無くありそうです。




スポンサーサイト



  1. 2019/11/19(火) 23:06:24|
  2. 水稲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Xデー 在韓米軍撤退 | ホーム | 紅白決定!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hyakusyouinnara.blog.fc2.com/tb.php/1403-99d158b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:ジョニー
村の明日の農業を担うべく水稲の作付け再開を決意し、日々百姓を頑張る(楽しむ)兼業農家の長男です。
またある時は、戎衣に身を包み国防の任に当たるその日のために日々鍛錬。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

水稲 (206)
野菜 (221)
果樹 (52)
機械・道具 (125)
自家用野菜 (87)
産直 (31)
百姓のこと (178)
山のこと (12)
自衛隊 (79)
生活 (95)
地域 (22)
自然 (89)
未分類 (208)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村