FC2ブログ

ジョニーの百姓日記

奈良で水稲の栽培に挑み、村の明日を担うべく奮闘する農家のブログ

生命線


本日、下令された命に基づき那覇より哨戒機2機が先行し

アラビア海方面へ展開を開始しました。

来月には、たかなみ1隻だけですが水上兵力も展開します。

しかしながら、情勢は予断を許さぬものとなっています。

イランを戦争に引きずり出す米軍の挑発?!

これに引き続く、米軍飛行場に対するミサイル攻撃・・・。

イランが正規戦で以て報復に出るという、まさかの事態。

この一報を見た時は、もはや開戦は不可避か、とも思いましたが・・・

今の所、大丈夫のようです。

米国からすれば・・・

トランプの弱腰、ミュンヘンの愚なのかも知れませんが・・・。

米国とてアフガンとイラクでお腹一杯に辛酸を舐めたところですからね。

唯でさへ、ここ数年、混迷を極める地域

イランに攻め込んだとて、混迷する地域が一つ増えるだけです。

嘗ての如くには行くまい。

嘗て、その国の軍人は、良く戦った。祖国を守らんと勇敢によく戦った。

しかし一敗地にまみれた次の日。

メディア・知識人は昨日までの一切を否定し、敵将を礼讃し

国民に自主自立の気概無く、傀儡政権は70年も続き、議会は本質を見失い

唯々、不毛な神学論争と権力闘争の為の批判合戦に終始する

そんな都合の良い占領統治など望むべくもない。

p-1_08l[1]
哨戒機P-1                                    (海自HPより)

もっとも、派遣されたのはP-3Cですけどね。(苦笑)

さて、その米国の傀儡政権の国のお話。

国家の生命線は原油である。原油が入ってこなくなれば、国家は忽ち危機に瀕します。

そして、その原油は同盟国と友好国の両軍が火花を散らし睨み合う

ペルシャ湾~ホルムズ海峡と言った海域をタンカーが輸送して来るのである。

このタンカーの輸送が阻害され、停止した時=原油の大部分が入らない時なのである。

英国等は既に艦隊を展開させ、商船護衛を実施していると言う状況下である。

その国も艦艇・航空機を展開させるという。

至極当然である。自国の商船と航路の安全は守らねばならない。

脅かされることあらば、国家の存続にかかわる事態である。

しかし、野党は情勢の緊迫化につき撤収させよと言うのである。

無論、情勢の如何によっては軍の展開は和平の妨げになる場合もある。

他国の戦争に巻き込まれ無用な血を流すのは避けなければならないし

まして、宗主国の戦争に生贄を提供する傀儡政権は阻止しなければならない。

ただ、悲しいかな・・・。

いつもの不毛な景色が広がるばかりである。

野党の多分左派?政党は即ち亡国の道。

与党の右派政党は、詰る所の傀儡政権。

政治に興味なくなるのも、選挙いかないのも納得です。

野党が元気になれば、政治が混乱するだけ。

傀儡政権を応援する愚も無いが、他に選択肢はない。

と言ったところでしょうか。
スポンサーサイト



  1. 2020/01/11(土) 22:46:30|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タケノコ | ホーム | 飛躍の年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hyakusyouinnara.blog.fc2.com/tb.php/1413-838d88be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:ジョニー
村の明日の農業を担うべく水稲の作付け再開を決意し、日々百姓を頑張る(楽しむ)兼業農家の長男です。
またある時は、戎衣に身を包み国防の任に当たるその日のために日々鍛錬。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

水稲 (206)
野菜 (221)
果樹 (52)
機械・道具 (125)
自家用野菜 (88)
産直 (31)
百姓のこと (179)
山のこと (12)
自衛隊 (80)
生活 (96)
地域 (22)
自然 (89)
未分類 (210)

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村